群馬の天気

最近読んだ本

これまでの訪問者

  • カウンター
    無料カウンター
Powered by Six Apart

« 利根川CRから渡良瀬CR | メイン

2021年8月 9日 (月)

イヤホン

最近、中華イヤホンにハマっています。

Omtzbu98qsajsy33eocfka_thumb_879 

最初に購入したのは,KZというメーカーのZAXというモデル。

片側にダイナミックドライバ×1、バランスドアーマチュア×7台搭載。

Kzzax

普通に数万円してもおかしくない内容で、価格は6千円とか、

ネットでの評判もいいので購入してみました。

実際に音を聞いてみても、高音の伸びがすごいし、

楽器一つ一つの解像度がはんばない。

というわけで、楽しくなり、

Drwbwqbrokdgqd98v6ag_thumb_87c

Xlvzi92jrk62ovab5cfnqa_thumb_87b 

次に購入したのは、同じKZのDQ6。

こちらは、10mmダイナミックドライバ1基、

6mmダイナミックドライバ2基搭載で価格は2千円。

Kzdq6 

こちらは、解像度はそれほど高くないが、ボーカルが

とてもよく聞こえ、低音は暴力的とも言える。

ZAXは、これから音楽を集中して聞きます、という時に

最高なのに対し、DQ6は割と他のことをしながらBGM的に

聞くのに向いている。曲によってはDQ6の方が向いているものもあり、

使い分けが楽しい。

おまけに、耳に合わせてイヤーピースを選んだら

(final EタイプのALLサイズ、黒と透明2つも買ってしまった)

それまで、なんとなくMサイズを選んでいたけど、

色々試したらSサイズだった。

さらに、音に合わせて、ケーブルを替えていたら、数が増えてしまったので

収納ケースを作りました。

Unadjustednonraw_thumb_87dケーブルも、左から純銅線、銅線+銅線に銀メッキ線、

銀メッキ線+銅合金線、純銀線。

今の所、ZAXは純銀線、DQ6は銀メッキ線+銅合金線で落ち着いています。

ケーブル1本で、本体よりも高いんだけど。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.kazelog.jp/t/trackback/241909/34235639

イヤホンを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿